2015年06月25日

限界集落の再生方法はこれだ!!

限界集落の再生方法を書いたブログを見つけましたemoji



それは、こちら ですemoji



上記をクリックしてお確かめ下さいネemoji
ラベル:限界集落
posted by サイオー at 18:49| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

農業の活性化方法は、農業への参入の自由化と、農産物の輸出です!

 日本の農業を活性化するために徴農制を導入せよと言った馬鹿経営者がいました。伊藤忠と言う商社の会長です。


 


伊藤忠商事会長丹羽宇一郎 は、他の先進国と比べても国土に占める耕作地率が低いことを問題視し、農家に安価な労働力の提供し、また、若者に農業を志すきっかけを与えることを目的として、現在普通農学部専門課程 として開講される農業実習を、 国立大学教養課程 必修科 とすることで多くの学生に実際に自然の中で農作物を作る喜びを体験させることを主張している[5] 。本人はインタビューの中でこの制度を「大学生が農繁期に農家を手助けする制度」と言っている。(出典:ウィキペディア「徴農制目




 馬鹿ですね。徴農制度で農業が活性化するなんて考えられない。それよりももっと簡単に農業を活性化する方法があります。それは農業をステータスにすること。


 阪神の優勝に貢献したバースはアメリカに帰って牧場を経営しているという噂です。野球で成功して、莫大な富を得たバースがアメリカに帰って牧場を経営する。何故でしょうかはてなマーク


 牧場経営とは、農業の一種でしょう。つまり、野球で成功して、莫大な富を得たバースがアメリカに帰って選んだ職業が農家、農業と言うことです。


 何故、日本の野球で成功して、莫大な富を得たバースがアメリカに帰って選んだ職業が農家、農業を選んだのでしょうかはてなマーク


 それは、アメリカでは農業のステータスが高いからです。


 アメリカでは学生でも、成績が優秀な生徒は農業を目指すそうです。その理由は、アメリカでは、農業のステータスが高いからです。


 だから、阪神の優勝に貢献して、高い報酬を手にしたバースは、アメリカに帰国後、牧場経営を始めた。


 では、何故アメリカでは農業のステータスが高いのでしょうか?それは、農業が儲かる職業だからです。


 日本でも、儲かる職業は人気があるでしょう?アメリカでも同じです。


 アメリカでは、農業は儲かる職業です。だから、学校でも成績の優秀なものは農業に就くのです。


 続く疑問は何故アメリカの農業は儲かって、日本の農業は儲からないのか?


 これにも明確な理由があります。


 アメリカでは農産物を輸出します。アメリカは工業国であると同時に農業国でもあります。つまり、小麦をはじめ、とうもろこしや牛肉など農産物をたくさん輸出しています。


 だから、アメリカの農業は儲かるのです。




 一方の日本では、農産物を輸出することは、ほとんどありません。お米も国内だけで消費します。


 しかも、若者のコメ離れが進み、パン食が増えた為、お米は売れない。売れ残る。


 国内の米の消費量が減ってきたので農業の生産拡大も出来ず、農業収入は増えない。当然、若者はもっと儲かる仕事を探して都会に出て働くようになる。その結果、田舎の農地は放置され、荒れ果てる。




 当然の結果です。この根本原因は、農業政策の失敗です。




 これを、「徴農制が解決する」と考えるのは、笑止千万ここ をクリック!)。




 戦前の日本軍は徴兵制を取っていましたが、日本軍は優秀でしたか?各地で敗北したでしょ。


 唯一アメリカ軍に脅威を与えたのが硫黄島の戦いです。硫黄島の指揮官は、当時の日本軍の指揮官とは異色の考えを持っていました。


 他の戦地の日本軍指揮官は徴兵制をいい事に、兵隊を酷使し、最後は、自爆せよと命じた。


 ところが、硫黄島の指揮官は違った。「最後まで生きることを考えろ。」と命じて、自爆を厳禁しました。そして、論理的で合理的な作戦を練って、アメリカ軍を迎え撃った。


 その結果、硫黄島の戦いでのアメリカ軍の戦死者数は、日本軍の戦死者数よりも多かった。




 農業も同じである。徴農制が日本農業を活性化するなどとは笑止千万。アメリカのように儲かる農業に変えなければ、日本の農業に未来は無い。そのためにすることは・・・




 農産物の輸出だ!




 米をはじめとする、日本の農産物を輸出する。そうすれば、農業生産を拡大しても農産物は売れる。即ち、日本の農業が儲かる産業に変わる。


 お米なども世界に売ればよい。国内消費だけで考えるから、売れ残る。売れ残ると、保管の為の倉庫代がかかる。更に、凶作になると米不足で外米を緊急輸入するという事態を招いた年もあった。


 全く無計画も甚だしい


 日本の農業の活性化策は、農業を自由化し、農産物を海外に輸出することです。




 農業を自由化して誰でも農業に参入できるようにする。金も、知恵もある人や企業が、農業に参入して、、高齢化して、能率の悪くなった農家から農地を譲り受け、大規模農業を行う。


 安全で美味しい農産物は世界中 何処でも売れる。これが真の農業の活性化 方法である。


 徴農制とどちらが良いと思われますかはてなマーク




 理論的で、合理的な選択肢を選ぶ者が勝利を勝ち取るのです。






ラベル:活性化 農業
posted by サイオー at 20:07| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

お中元の準備はお済ですか?

お中元のご準備は楽天市場で、揃えると、

相手までの送料込みです、

ラベル:お中元
posted by サイオー at 00:27| Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。