2015年10月18日

倉敷の大原美術館には、エルグレコの受胎告知がある!

 倉敷の大原美術館にはエル・グレコの「受胎告知」が収蔵されている。


(出典:大原美術館 (ここ をクリック!)






■解説

エル・グレコ(1541-1614)は、ギリシアのクレタ島の出身。本名は、ドメニコス・テオトコプーロス。エル・グレコとは、古いスペイン語で「ギリシア人」を意味します。ヴェネツィアやローマで修行を積んだ後、スペインに移り活躍しました。

「受胎告知」には、聖母マリアが、天使ガブリエルからキリストの受胎を告げられる場面が描かれています。天使が左手に持つのは、マリアの純潔を象徴する白百合の花。中央に舞い降りているのは、聖霊の象徴の鳩です。




■エピソード

1922(大正11)年、児島虎次郎はパリの画廊でエル・グレコの「受胎告知」が売りに出されているのを見つけました。途方もない値段でしたが、どうしてもこの作品を日本へ持ち帰りたいと考えました。そこで児島は、出資者であった大原孫三郎に、「グレコ買いたし、ご検討のほどを」と、写真を添えて手紙を送ったのです。受け取った孫三郎が、「グレコ買え、金送る」といって送金したのは、児島が手紙を発送してから60日後でした。当時ヨーロッパは、第一次世界大戦直後で大変な不況にあえいでいました。その不況が、やがて日本にもやってくるであろうと予見した孫三郎は、名画の収集は今がチャンスと考え、決断したのです。

現在、このエル・グレコの「受胎告知」が日本にあることは奇跡であるとさえ言われています。当時のヨーロッパの情勢、児島の絵を見る確かな目、孫三郎の英断、二人の揺るぎない信頼関係、どれが欠けてもこの奇跡はなかったかもしれません。




[ここに地図が表示されます]
posted by サイオー at 22:30| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お正月におせちだけでは飽きるでしょ?

北海道釧路産の茹でたて毛ガニは美味い

お正月におせちは欠かせませんが、

三が日を過ぎるても、毎日、お節じゃ飽きるでしょ

だから、カニ鍋はいかがでしょうか

ラベル:カニ
posted by サイオー at 21:50| Comment(0) | いい物見つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

博多港発のビートルで韓国釜山にお出かけしませんか?

11月12月設定日限定、ホテル限定の「ワンプライス西面(ソミョン)」というツアーがあります。



博多港発の船旅ですが、博多港を出港後2時間55分後には、韓国の釜山に到着する、JR九州のジェットフォイルを利用するツアーです。詳しくはこちら emoji



博多駅前の博多港行きバスのバス停は、福岡センタービル前にあります。
[ここに地図が表示されます]
posted by サイオー at 18:05| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。