2017年04月16日

一流企業であった中島飛行機のエンジニアは、戦後の日本の自動車産業の復興を成し遂げた!!

第二次世界大戦後、






戦前の戦闘機を設計していたエンジニアたちは、自動車設計エンジニアに転身した








戦争中に優秀な戦闘機を造り続けた会社、それは中島飛行機であった






ジブリの『風立ちぬ』で描かれた通り、ゼロ戦を開発したのは、三菱重工業であった






しかし、ゼロ戦の生産機数を見ると、三菱重工業よりも中島飛行機の方がゼロ戦の生産機数が多い






−−−引用始め−−−


昭和20年終戦までの零戦生産機数は、




三菱重工業:約3,880基。中島飛行機:約6,546機をライセンス生産。




なぜ一式戦『隼』の中島がゼロ戦本家の三菱より二倍近くも零戦を生産し




たのですか?




二一型の生産数は三菱製が740機なのに、中島製ゼロ戦二一型は2,821機も




生産。それも昭和19年春までに二一型を生産しています。三菱は昭和19年に




東海地方を襲った大地震や米軍による空襲などで大幅に生産機数を減らし




ますが、もう大戦末期ですからね




零戦六四型が1945年(昭和20年)7月から生産を命じられ生産中に終戦を




迎えます。完成した五四型試作機2機は、テスト飛行中に終戦。




なぜ最後までゼロ戦の改良と生産は続けられたのでしょうか?




(以下省略)




−−−引用終わり−−−


引用元は YAHOO! JAPAN知恵袋


ここ をクリック emoji








中島飛行機の優秀なエンジニア達が、戦後のマイカーブームが始まるキッカケとなった、スバル360を創り上げた











「出来ねぇと言うことは、やる気がねぇだけのことだ」






「大気中の二酸化炭素を削減する、科学的、合理的方法など無い。」と、世界中の科学者が言うと、






世界中のエンジニアは「大気中の二酸化炭素を削減する、科学的、合理的方法の開発を断念して、二酸化炭素を出さずに発電する方法の開発に奔走する。」






今、百瀬さんがこの状況をご覧になれば、






「出来ねぇと言うことは、やる気がねぇだけのことだ」






と、一言で片づけられていた事でしょうネ






そして、今、百瀬さんの代わりに、私が地球温暖化問題の解決(大気中の二酸化炭素の削減)を成し遂げようとしている






ところが、この地球温暖化問題の解決(大気中の二酸化炭素の削減)と言う大事業を妨害するのが、






極悪非道の犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫だ 👊💣💣






百瀬さんの哲学は「機械は人間にサービスするモノである」


「人間を差し置いて機械がのさばるのは技術屋じゃない」






こうした哲学の元 考えぬかれた スバル360のデザインは、






まず、人間ありき






大人4人がゆったりと乗れることを最優先にした






百瀬は当時としてはとてつもなく高い理想を掲げた






1.軽自動車の枠内で大人4人が乗れること




2.当時の日本の悪路を60キロで、快適に走行できる事




3.重量は350キロ




4.値段は庶民にも手が届く、35万円






この目標を、聞かされたスタッフは誰もが驚きを隠せなかった






P−1、そしてスバル360のテストドライバーを務めた福島時雄さんは






「私らはね、百瀬さんに、こんな車出来るんですかネって、言ったらネ」






「いや、そんな難しい事じゃない」






「この程度の車は出来る」って言うんですよ






「航空機の技術を使えば出来る」って言うんですよ






「百瀬さんは見通しじゃないんですよ。」「構想段階で色々計算してネ」「理論的に詰めてネ、」「だからネ」「あの〜」「勘で作っているんじゃない。」「全部理詰めですよ」






「百瀬は常々周りにこう言っていた」


「出来ねぇと言うことは、やる気がねぇからだ!」






そして、






昭和30年12月


百瀬の案が正式に認められた






ボディ製作を始め、全体を統括するのは、






百瀬の所属する伊勢崎工場






エンジンを担当するのは東京三鷹製作所






(エンジンを担当する東京三鷹製作所は、)


かつて、ラビットスクーターのエンジンを開発した実績があり






スクーターで培った高いエンジン技術を活かそうと言うのである






愈々理想の車作りへと突き進んでいく百瀬






だが、






彼の掲げた高い理想は






数々の苦難を生み出すことになる









だが、百瀬をリーダーとするプロジェクト・チームは、次々とこれらの難題をクリアしていった






百瀬のモットーは、行動を起こす前に、考えて、考えて、考え抜け






目標とした重量350kgをクリアするために、スバル360の曲線に満ちたデザインが誕生した






その他、様々な工夫を加え、徹底的に軽さを求めた結果、試作車の重量は360sとなり、目標の350sを10s超えただけの重量に抑えることが出来たと胸をなでおろした






悪路でも快適に走ることが出来る車を目標に掲げたのは、当時の日本国内の道路の路面状況のひどさがあった






悪路でも快適に走ることが出来る車を目標に掲げたのは、当時の日本国内の道路の路面状況のひどさがあった






当時の日本の道路はデコボコだらけであり、舗装された道路はほとんど無かった






しかし、大人4人が座ることを目標にしたため、足回りに使えるスペースは、とても狭くなってしまった






前輪の車軸の上まで足が伸びてる






こういうことは、まず、普通だったら考えられないことです






この難問を解決するために百瀬氏が指名したのは、中島飛行機時代からの同僚、小口氏だった






この難問を解決するために百瀬氏が指名したのは、中島飛行機時代からの同僚、小口氏だった






この難問を解決するために連日会議が重ねられた






この難問を解決するために百瀬氏が指名したのは、中島飛行機時代からの同僚、小口芳門氏






足回りをどうするか?






連日、会議が重ねられた






百瀬氏のモットーは「行動を起こす前に、考えて、考えて、考え抜け」






粘り強く考えて、調査した結果、






限られたスペースでも使える足回りの方式を何とか見つけ出した






足回りが出来ると、






台車と呼ばれる仮の車体でのテストが始まった






当時の一般的な道路と同じデコボコ道でテストを始めると、サスペンションが折れてしまった






どうすればイイのか?






必死で、対策を考えている小口氏達の元に、百瀬氏が現れて、足回りに関する本を差し出した






それは、百瀬氏が休日を返上して、東京を探し回って見つけた1冊であった






早速、本に書かれていた方式の研究が始まった






更に、足回りのパーツを製造するバネ・メーカが、鉄の強度を上げる方法を開発






悪路も走れる足回りが実現可能となった






また、当時の車用で、一番小さい12インチタイヤでも人が乗るスペースの邪魔になる






そこで、全く新しい規格で、乗り心地の良い10インチタイヤをメーカに依頼






ブリジストンの協力に拠り、新しい規格の10インチタイヤが誕生






快適な乗り心地にまた一歩近づいた






快適な乗り心地に欠かせないエンジンの開発は、三鷹製作所で行われた






エンジンも目標の数値を達成






ホディ、足回り、エンジン






当時、世界でも類を見ない画期的な技術を実現した






これは、百瀬を始め、スタッフ全員の情熱のたまものであった






百瀬たちは何故、こうした数々の画期的な新しい技術を実現することが出来たのか






リーダー百瀬の仕事の進め方を松本さんに聴いた






百瀬さんは慎重ですから、色々話に出て来たことを、黒板に、一面に全部書いてですネ






百瀬さんは慎重ですから、色々話に出て来たことを






黒板に、一面に全部書いてですネ






それを確認して、次に進む






そんな感じでしたネ






百瀬は強引にチームを引っ張ったり






部下を叱り飛ばすようなことは無かった






❝みんなで考えるんだ。❞






部長も課長も無い。






担当者まで、考える時は平等だ






テストドライバーの福島さんは






部下が百瀬に反対意見をぶつけた時のことを話してくれた






若手がね、連判状を書いて、百瀬さんに「反対だ」って言ってきたんですよ






その時に、百瀬さんが言ったことはネ






「反対だから止めた方がイイヨと言うように、具体的に私を説得してくれ」と言うように、私を説得してくれ






そりゃぁ、ダメだとかそういういい方はしないんですよ






自分の持ってる考えを棄ててネ、もっと最良のものは無いか、と、絶えず探しているんですネ






エンドレス






黒板に(一言残らず)書いて






それを確認して






次に進むと






そうゆぅ、感じでしたネ











プロジェクトX「日本初のマイカー てんとう虫 町をゆく」(スバル360) の話を取り上げた記事 日本初の軽自動車「スバル360」誕生の話〜プロジェクトXから(4月9日)は ここ をクリック 👀






世界中のエンジニアは「大気中の二酸化炭素を削減する、科学的、合理的方法の開発を断念して、二酸化炭素を出さずに発電する方法の開発に奔走する。」








ところで、有名なゼロ戦は、三菱重工が設計した戦闘機であり、太平洋戦争が始まった当初は、ゼロファイターと呼ばれ、アメリカ軍パイロットたちから恐れられた








ところがある日、一機のゼロ戦が、故障して、アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)の基地に不時着した








この事件の後、アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)軍は、ゼロ戦を徹底的に研究することが出来た








そこで、アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)軍は、ゼロ戦は、空中戦を有利に戦うために、必須の動力性能を優先した設計の為に、








パイロットの安全を守る装備がほとんどなされていないと言う事実を知った。








そして、これ以降、ゼロ戦は、アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)空軍の敵ではなくなってゆく








ゼロ戦の構造を知ったアンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)は、








ゼロ戦と互角に戦うことが出来るような高性能の機動性を持たせた戦闘機を開発する為に、高出力のエンジンを搭載した戦闘機を開発する








それだけではなく、ゼロ戦の構造を知ったアンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)のパイロットたちは、








ゼロ戦のパイロットを狙うようになった








すると、無防備なゼロ戦のパイロットたちは、すぐに撃ち殺されるようになり、








パイロットを失ったゼロ戦は、墜落してゆくだけの状況に陥った








極悪犯罪企業 三菱重工 ゼロ戦は、








こうして、特攻に使われるだけの戦闘機になっていくのだった






つまり、使い捨ての戦闘機がゼロ戦であった






このように、極悪犯罪企業 三菱重工 の製品は、




使い捨てにしかならぬ戦闘機であった






システム全体の設計など出来ない無能なエンジニアが創った欠陥製品であった








戦後の日本が創り上げたYX−11はオールジャパンで創り上げた国産旅客機であった








ところがMRJはこのように、システム全体の設計など出来ない無能な、極悪犯罪企業 三菱重工 のエンジニアだけで創り上げた欠陥航空機である








戦後の日本がオールジャパンで創り上げた国産旅客機であった創り上げたYX−11と、システム全体の設計など出来ない無能な、極悪犯罪企業 三菱重工 のエンジニアだけで創り上げたMRJを比べること自体が間違っている








週一回の掃除をサボった挙句、私から注意されると、








何故、注意されなきゃいけないのか」と、開き直って文句を言うほどモラルレスの、極悪犯罪企業 三菱重工 のエンジニアたちだけで新たな民間航空機を創り上げることなど最初から不可能である








派遣会社の女性に手を出して、妊娠させたにもかかわらず


妊娠した女性を棄てるようなモラルレスの社員たちには


MRJを開発することなど不可能である








ところが、有能なプロジェクトリーダーが居るホンダは、既にホンダジェットの開発に成功し、顧客にホンダジェットを引き渡しを始めている








モラルレスで、エンジニアリング力ゼロの、極悪犯罪企業 三菱重工 のエンジニアたちだけで新たな民間航空機を創り上げることなど最初から不可能である








この程度の論理的な分析も出来ぬ、極悪犯罪企業 三菱重工 の 犯罪者 佃和夫 如き幼稚園児は、








地球温暖化問題の解決策(大気中の二酸化炭素の削減方法)と言う大発明を成すほどの天才である私の指示を無視した








その結果、極悪犯罪企業 三菱重工 の 犯罪者 佃和夫 如き幼稚園児は、天罰を受けて、


極悪犯罪企業 三菱重工 は、消滅する








モラルレスで、エンジニアリング力ゼロの、極悪犯罪企業 三菱重工 のエンジニアたちと、


この程度の論理的な分析も出来ぬ、極悪犯罪企業 三菱重工 の 犯罪者 佃和夫 如き幼稚園児が率いる


極悪犯罪企業 三菱重工 は消滅する








モラルレスで、エンジニアリング力ゼロの、極悪犯罪企業 三菱重工 のエンジニアたちと、

この程度の論理的な分析も出来ぬ、極悪犯罪企業 三菱重工 の 犯罪者 佃和夫 如き幼稚園児が率いる


極悪犯罪企業 三菱重工 の消滅に際して、


一流企業であった山一証券の消滅時に登場したようなしんがりが登場する訳が無い






しんがり 山一證券最後の12人【電子書籍】[ 清武英利 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
しんがり 山一證券最後の12人【電子書籍】[ 清武英利 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア






しんがり 〜山一證券 最後の聖戦〜 DVD BOX/江口洋介【1000円以上送料無料】 - オンライン書店 BOOKFAN
しんがり 〜山一證券 最後の聖戦〜 DVD BOX/江口洋介【1000円以上送料無料】 - オンライン書店 BOOKFAN






楽天市場の商品は、海外からでも購入可能です 🎶




海外への商品の発送についての詳細は、ここをクリック 👀



posted by サイオー at 13:36| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。