2011年02月16日

冬のデパートの暖房温度Ver2

 冬のデパートの暖房温度が話題になる季節です。インターネットを見ていても、デパートの暖房温度が高すぎて身分が悪くなる。店員が薄着で働いているが、コートをくているお客に合わせて暖房温度を下げて欲しい。中には「デパートに暖房温度を下げるように電話をしたら『暖房温度の設定を下げました』と言う回答があった。」と自慢している書き込みまである。でも、事実は違います。
 冬のデパートやスーパーではほとんど暖房を入れていません。暖房を入れないどころじゃ無く、冷房を入れているのです。バーゲンセールのオバタリアンの顔を思い出してください。顔には汗をかいていませんか?そうです!人間は1人で平常時でも60Wから100Wの熱を出すそうです。バーゲンセールで興奮したオバタリアンが発する熱はこの数倍に及びます。そのオバタリアンがデパートのバーゲンでは数百人、数千人と集合するのです。100W×数千人=10万Wですよ。スゴイ熱じゃないですか。暖房など必要になる訳が無い。
 デパートはお客様第一だから、お客様に恥をかかせないために、黙って冷房温度の設定を下げて、「団簿応温度の設定を下げました。」と嘘の報告をしたのです。
 あなたはこんな馬鹿クレーマーにはならないでくださいね!
posted by サイオー at 11:10| Comment(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。