2011年06月09日

政府はオーランチオキトリウムを国家プロジェクトにしろ!

 夢の扉+でも取りあげられた日本を産油国に変える可能性を秘めた「オーランチオキトリウム」だが、このオーランチオキトリウムの実用化研究に政府も民間企業も資金を出さないと言う。
 http://lasik-sss.seesaa.net/article/205329534.html
 下記は上記サイトからの引用です。

これは、まさに、「夢の燃料」であり、資源小国日本が、資源輸出国となることも可能という・・・信じられない!!

でも、渡邉教授には、ひとつの大きな悩みが。

それは・・・資金不足。

実は、燃料、資源関係には、日本の企業や、行政は積極的に関わりを持とうとしない。

投資しても失敗する、もしくは、元が取れない・・・。

輸入した方が、圧倒的に安価なのだ。

日本の円は世界一高いわけだし、ということは、輸入品は世界一安く買えるのだ

輸入した方が、安上がりなのだ・・・。

渡邉教授の元には世界中からオファーが来ているという・・・。

』引用終わり

これはいかがなものか。
鳩山前首相は国連の演説で、温室効果ガスを1990年比で2020年までに25%削減することを目指すと表明したのである。
だが、今回の原発事故により、この公約実現が危ぶまれる状況にある。
しかし、この夢の石油を実現すれば、CO2排出量をゼロベースに持って行けるかもしれないではないか!
この藻が作り出す石油はCO2を増やすことがない。それは、この藻が作り出す石油は化石燃料ではないのでカーボンニュートラルだから。つまり、この藻が石油を作る時にCO2は減っている。だから、この藻が作った石油を燃やしてCO2を出しても、カーボンニュートラルであって、CO2が増えたことにはならないの出る。
政府も産業界もこのような視点を持って是非この藻の実用化に資金を投入してもらいたい。
政府の高給役人どもはこんなことも分からないのかね!
不況の今、無駄に高給を取らないでくれ
posted by サイオー at 07:36| Comment(0) | 誰も知らないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。