2011年11月09日

学研の科学と学習

 昔、私が小学生の頃、即ち昭和40年代には学研の科学と学習と言う雑誌があり、それを小学校の中で購入することができた。毎月決まった時期になると学校の中で販売をしていたと思う。学習は普通の本屋さんでも買うことができそうな内容であったが、科学の方は理科実験ができる付録が付いていた。
 科学の付録を集めると、理科室で習う実験を自宅ですることも可能だった。試験管や試験管ハサミなども科学の付録で手に入れた思い出がある。毎月の付録を集めるとそれなりの実験器具が揃ったものだ。私はこの科学のおかげで物理に興味がわき、中学生になると物理部に入った。(私の進学した中学の理科教室は物理、化学、生物、地学に分かれていた。それぞれに授業用の階段教室と実験室、教員室とクラブの部室があった。)
 こんな学校は珍しいのではないだろうか。こんな学校に進学したから技術や物理にも興味がわいたのだと思うよ。これも全て小学校時代に読み、付録の実験器具を集めることができた学研の科学のおかげじゃないでしょうか。今の小学生は学研の科学に触れることもできずに可哀想だと思う。
 学研の科学を小学校で売ることは小学生にとって理科に親しむ絶好の機会なのだから、特定の企業の商品を学内で売ることなど大目に見ればいいと思うけどね!
ラベル:学研 科学 学習
posted by サイオー at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。