2011年12月19日

話題のGOPANを使って、自宅で米粉パンを作りましょう!

 話題のGOPANを買って、自宅で米粉パンを作りましょう。小麦アレルギーの人も米粉パンなら大丈夫です。GOPANの開発者は、小麦アレルギーのためにパンを食べることができない人にも美味しいパンを食べてもらいたいと思って、米粉パンが簡単にできる米粉パン製造マシーンとしてGOPANを開発したそうですよ。もし、今もプロジェクトXが続いていたら・・・必ず取りあげられていたでしょうね。世界に誇れる日本の大発明ですよ。
 どじょう内閣も米粉パンの輸出を考えればどうでしょうか?お米を国内だけで消費するのではなく、輸出戦略物資に取り上げる。世界でもお米を食べる国は多い。これに加えて、米粉パンを作ることができるGOPANも合わせて輸出する。お米の需要は一気に拡大するでしょう?お米は重要な輸出物資に変わるのです!これにより、農業への参入を自由化する。多くの若手企業家や農業企業の新規参入を促す。後継者不足は一気に解消するのではありませんか?若くて柔軟な考えを持った若手企業家の戦略を携えて世界に日本の農産物を販売する!
 日本は農業国に生まれ変わるのです。ガンバレ日本!JAだけに任していたのでは日本の農業は自立できませんよ。優秀な人材を農業に取り込む必要がある。知ってますか?アメリカでは学業成績の優秀な人が農業に従事するってことを!日本じゃ学業成績が優秀な人は大手の製造業に就職するでしょう?でも、アメリカでは農業に就く。それは、アメリカの農業は儲かる産業だからです。アメリカの農家はステータスだからです。日本のように親が農家だから受け継ぐと言うようなものではないのです。日本も農業が儲かる産業に変われば、必ず若者は農業を目指すようになる。若者が大企業への就職を望むのは大企業に入れば多くの収入を得ることができるからです。
 日本の農業が大企業に負けないほどの収入が得られる産業に変われば、必ず多くの若者が農業を目指すようになる。これは、間違いのない話でしょう!まず、米の消費拡大を図る。米を国内だけで消費しようなどと考えるから、需要が伸びない。米を輸出品目にするのです。米のマーケットを世界中に広げる。ベトナムの麺フォーは米から作ります。中国にもビーフンという麺があります。これら米から作る麺の原料として国内産の米を輸出する。充分に需要はあります。
 それ以外の国には、米粉パンの原料として米を輸出するのです。米粉パンを作ることがない国では米と一緒にGOPANを輸出する。家庭でも米粉パンを作る習慣を輸出するのです。このようにして、日本の米の需要拡大を図れば、米の消費など簡単に拡大できます。
 こんな簡単なことが分からないのかなあ?
posted by サイオー at 14:26| Comment(0) | いいもの見つけた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。