2014年12月09日

博多港から韓国 釜山にお出かけしませんか?

韓国は、日本に一番近い外国です。




首都ソウルに行くには、飛行機しかありませんが、釜山へ行く場合は、博多港発の船旅という方法もあります。


また、博多港はターミナルビルが新しくなり、便利で快適になりました。


博多港からプサン行きの船は、JR九州のビートルと未来高速のコビ−、大亜高速のドリーム号、そしてカーフェリーのニューかめりあ がありますから、選択肢が広い!


ビートルは、就航10周年記念で、お得なプランが毎月催されていますから、更にお得です。


JR九州のビートルは川崎造船が製造するジェットフォイルを使っているので、博多ー釜山間が2時間55分ですから、すぐにお出かけできる外国です。


福岡空港は、国内有数の利便性が高い空港です。


でも、この福岡空港を利用して釜山に行くよりも博多港発のジェットフォイルに乗って釜山に行く方が断然便利です。


また、ビートルは就航10周年で、お得なパックが毎月のようにあるので、私は断然、ビートルをお勧めします。




波が荒いと評判の玄界灘も、ビートルですと、ほとんど揺れません。ドリーム号は乗船した経験が無いのでコメントできません。コビーにも乗船したことがありますが、ビートルほど快適ではなかったと記憶しています。べーっだ!


ビートルに乗ると、快適な船旅の内に、2時間55分後には、釜山に到着します。


船の為、昔は玄界灘を走行中も船内を歩き回ることが出来ましたが、現在は、座席に座って、シートベルト着用が義務化されたらしい。(変更後の乗船経験は無いので、ネット調べです。)シラー


今は、円安で海外旅行は日本人にとって逆風ですが、


韓国のウォンは円に比べると、ドルほど強くはないので、


韓国旅行は、円安の影響は強くはない気がします。


私は昨年、釜山旅行に出かけたのですが、円安で困った記憶はありませんでした。


(昨年と今年じゃ円安の度合いが違うか?叫び


また、日本人観光客を想定している観光地のお土産屋さんやホテルでは、日本語を話す人が多いので、(特に、お年寄りは植民地時代の歴史があるため、間違いなく日本語を話します。)数年前に初めて釜山に行った時は、プサンからセオル号に乗り、ソウルまで行きました。ソウルでは、ホテル代を節約する為に韓国の民宿に泊まったのですが、民宿のオーナーはお年寄りでしたから、日本語がペラペラでした。




昨年プサンに行った際には、プサンの庶民が行くお店で買い物をしたり、食事をしましたが、ホテルの人に聞いた焼き肉店に行くと、安くてうまかった。ところが、観光案内書やガイドブックに書かれている焼き肉店はあまり安くないので、お勧めできません。ショック!


プサン市内で移動する時には、タクシーをお勧めします。


一応、外国ですし、プサンは、漢字表記が少ないので(ハングル文字或は英語表記)ですから、道がわからなければ、タクシーでの移動をお勧めします。にひひ


ウォンは日本円に対してあまり強くはないので、タクシー代も日本でのバス代程度でした。ですから、道がわからなくて困るくらいでしたら、タクシーの利用をお勧めします。得意げ




また、食事は、ホテルで最寄りの焼き肉店を聞いて地元の人が行く焼く肉店の方が、ガイドブックや観光案内書がお勧めしている焼き肉店よりも安くて旨い。


泊まったホテルの従業員に聞いて行った焼き肉店の方が、日本人が良く行く有名焼き肉店よりも安くて旨かったです。


最初、ホテルマンに聞いて、ホテルの最寄りの焼き肉店で焼き肉を食べたところ、旨かった。


次の日には、ガイドブックに載っている有名店に行き、焼き肉を食べたのですが、客が多くて待たされた上に、先の店よりも高いうえに、先の店ほどは美味しくなかった。ガーン


ですから、韓国で焼き肉を食べるのでしたら、ホテルマンに旨いお店を聞くことをお勧めします。


そのようなお店は、日本人のお客が少ないので、日本語は当然ですか、英語も通じません。


でも、焼き肉店で焼き肉を食べるのですから、手振りなどで、何とか注文できるものです。にひひ


最悪は、隣の客が食べている者を指さして、「同じもの」と言えば良い。隣の客が食べている物を指さして、「セイム」とでも叫ぶと、おそらく同じものを出してくれるでしょう!グッド!


この様に、プサン旅行で言葉の障害を感じることはあまりありません。


また。JR九州のツアーには、韓国国鉄と提携したパックもあるようですから、プサン発の鉄道切符付のパック旅行にすれば、プサンだけではなく、韓国国内旅行も、楽しめるでしょう!JR九州のジェットフォイルのサイトはこちら
です。


プサン市内をゆっくり楽しむのでしたら、「フレンドリーガイド」というものが新しくできたようです。


プサン広域市観光協会が選定したガイドで、プサン市内の大学生を中心とした韓国の若い世代のガイドがプサンを案内してくれるようです。(私はフレンドリーガイドを利用した経験が無いので、JR九州のサイトの受け売りです。)


「フレンドリーガイド」1日5万ウォンということです。詳しくはこちら
です。目




その他、ビートルについては、JR九州のサイトでお確かめください。JR九州のビートルのサイトはこちら
です!目




また、博多港国際ターミナル行きのバスは、博多駅前から出ています。


博多港国際ターミナル行きのバスの停留所は駅のすぐ前の道路の反対車線側でした。


    博多港行きバス乗り場の地図はこちら
をクリックしてお確かめください。「E」乗り場です。




JR九州のビートルの予約はこちら
です。


ラベル:船旅 釜山 博多港
posted by サイオー at 18:09| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。