2017年06月18日

外国人が「速い」と驚く、新幹線の速さについて!!

海外から来日した人々が驚く、新幹線の速さ🎶



速い上に、安全で、時刻に正確👊💣💣









開業以来、人身事故ゼロを誇り、速いだけでなく、安全性でも世界一の新幹線👊💣💣



この世界一の安全性を担保する為に必須の条件が、踏切が1箇所も存在しない、完全立体交差の線路だ



ところが、新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)は、



新興国アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)を導入するに際し、



完全立体交差では無く、地上に線路を施設することを求めて来た



この様な、デタラメな条件を突き付けてくる、新興国アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)は、中国版新幹線を導入すべし👊💣💣



そして、中国版新幹線で、大勢の新興国アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)の人々を殺して、初めて、新幹線は完全立体交差が必須条件であると言う事実に気付くのでしょうネ



また、



新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー は、



「パリ協定を離脱する。」



と、ほざき、



新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な条件で、



新たな条約を結ぶと嘯くが😵



世界は、これ程ド厚かましい、新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)を、二度と相手にする必要など無い



私の大発明は、大気中の二酸化炭素を削減する、大発明である



現在の二酸化炭素排出量を削減するような幼稚園児のお遊戯とは格が違う



世界第二位の二酸化炭素排出国であり、世界第三位の産油国である、新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)を、



パリ協定に復帰させずとも、開発途上国向けの、



二酸化炭素排出量削減は、容易に実現できる



クリスマスキャロルも知らぬ、幼稚園児、新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)は、パリ協定から完全に締め出せ💢



それよりも、



私がヤマダ電機で購入した、東芝製ノート型パソコンにウィルスを仕込み、



大気中の二酸化炭素を削減する、と言う



私の大発明の特許出願を妨害し続ける、



極悪犯罪企業 三菱重工 の犯罪者 佃和夫 を、刑務所にブチ込み、



私の大発明の特許出願の妨害を止めさせれば、良い



私の大発明の特許が認められて、大気中の二酸化炭素の削減が実現すれば、



産油国は、私の大発明に拠り、生産する、二酸化炭素排出権を購入して、



生産する、石油に、二酸化炭素排出権を抱き合わせで、売ればよい



こうすると、



産油国が産出する石油は、地球温暖化問題を起こさない石油になり、



パリ協定を順守しながら、堂々と石油を世界に販売できる



世界第一位の産油国、ロシアも、



第二次世界大戦以降、不法占拠し続ける、樺太並びに、千島列島を日本に無償返還すれば、



日本は、ロシアに、私の大発明に基づき、生産する二酸化炭素排出権を、適正な価格で、ロシアに売る



韓国も、日本固有の領土である、竹島を日本の主張の通り、日本に返還すれば、



韓国に対しても、



日本は、私の大発明に基づき、生産する二酸化炭素排出権を、適正な価格で、韓国に売る



だが、日本の固有領土を不法に占拠し続けるような五流国に対しては、



日本が、私の大発明に基づき、生産する二酸化炭素排出権を、適正な価格で、売ることは無い



日本も、私の大発明を利用できなければ、二酸化炭素排出権を生産することは出来ない



幾ら心が広い私であっても、



私の指示に従うことができぬ幼稚園児どもは許す訳が無い





新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー は、



「パリ協定を離脱する。」



と、ほざき、新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な条件で、



新たな条約を結ぶとほざくが、



私の指示を無視して、

「パリ協定を離脱する。」と、ほざき、



パリ協定からの離脱を表明した、新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)に有利な条件で、



新たな条約を結ぶことなど、



大気中の二酸化炭素の削減と言う大発明の発明者である私が許さない



新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)のトランプ のジョーカー に、同調する国は、



新興国 アンフェア−・スピリット・オーソリティー(USA)と同様に、



日本が、私の大発明に基づき、生産する二酸化炭素排出権を、適正な価格で、売ることは無い



大気中の二酸化炭素の削減と言う大発明の発明者である私が許さない




posted by サイオー at 15:37| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。